CASE.42「リースバックのおかげで事業継続」千葉県在住 Oさん 男性50代

CASE.42「リースバックのおかげで事業継続」千葉県在住 Oさん 男性50代

10年前に建設業を立ち上げ、順調な経営をおこなっていました。

しかし、ここ数年、受注はあるものの資金繰りに頭を抱える日々でした。

その原因が事業拡大の為に従業員の増員・受注してから売り上げの入金までの時間差にあることにありました。

長いものでは1年程度受注してから入金までにタイムラグがあり、その間の人件費や経費のやりくりが困難になっていきました。

金融機関にも融資のお願いをしてみたのですが、受注があっても資金繰りがうまく回っていない会社にお金は貸せないとかえされてしまい、

事業をたたむ覚悟をしていました。

そんな頃、リースバックというものがあることを知りました。

家族に相談をしたところ、自宅売却は絶対に嫌だ!と意思は強く、私自身もうまく説明が出来ず納得してもらうことができませんでした。

そこで、ミライエのスタッフさんに来ていただき、家族へ説明をしてもらったんです。

リースバックの仕組みや今後の流れについて素人でもわかるように丁寧に説明してくれたおかげで売却の承諾を得ることができました。

そこからはミライエさんに全てお任せをし、スムーズに売却をすることが出来ました。

リースバックにより得た資金で運営費を確保することができたので事業を継続することが出来ました。

事業も軌道に乗り始めているので、家族の為に必ず買戻しをしたいと思います。

ありがとうございました。