CASE43.「連帯保証していた債務を完済」栃木県Sさん男性

大手企業に勤務し、生活には困らない程度の収入もあり、マイホームを建て平穏な生活を送っていました。

そんなある日、自宅に裁判所から手紙が届きました。

返済の督促でした。

自宅の住宅ローンの返済は滞りなく支払っている為、何かの間違いではないかと思ったのです。

しかし、よくよく手紙の内容を見ていると、見覚えのある名前でした。

数年前に弟が事業を始めるときに連帯保証人になったのを思い出しました。

弟に連絡を取りましたが、とても払える状況ではなく、私が肩代わりせざるを得ない状況となってしまいました。

自宅の住宅ローンもあり、サラリーマンの私には到底返せるような額ではありませんでした。

このままでは、自宅まで差押えられて競売になってしまうことを恐れて色々調べている中、ミライエさんに出会いました。

迅速かつ丁寧に対応してくださり、売却を進めることが出来ました。

リースバックにより、住宅ローンと連帯保証の債務を全て返済することが出来、住み続けることが出来ました。

将来的には、退職金での買戻しを出来ればと思っています。