CASE 32.「病気で働けなくなり収入減」 千葉県在住Aさん 女性50代

CASE 32.「病気で働けなくなり収入減」 千葉県在住Aさん 女性50代

1年ほど前に夫が病を患い働くことが難しい状況になりました。夫に代わり、時間の許す限り私も必死に働きましたが、生活費は乏しくなる一方で、苦しい日々が続きました。入院費や通院費に加え、住宅ローンもまだ少し残っているため、なんとか資金を調達しなくてはいけないと思い、自宅を売却することを検討し始めました。

不動産に関しては全くの無知でしたが、そんな私でも理解できるよう手厚くご説明してくださいました。1番メリットを感じた部分は、売却後も住み続けられるというところです。一般的に「売却=退去」というイメージがありましたが、住み慣れた家でこれからも生活できるという部分にとても魅力に感じ、依頼する大きな決め手となりました。

売却に関する一切をミライエさんに一任していたので、仕事や日常生活に支障をきたすことはなく、とてもスムーズに進めてくださり感謝しております。あの時、一歩踏み出して行動して本当に良かったなと思っています。ありがとうございました。